中古一戸建ての特徴とメリットデメリット

中古一戸建てとは、その名の通り新築ではない一戸建ての家のことを言います。 何らかの理由で、新築であった家を持ち主が売りに出している物件です。 中古一戸建てのメリットは、何といっても新築に比べて格段に価格が安いことです。 どんなに綺麗な家であっても、人が一度でも住んでしまうと中古になってしまう為、条件の良い物件が安値で見つかる確率が増えます。 逆に小さな子供がいる世帯などの場合は、新築よりも敢えて中古一戸建てを選んだほうが、汚れてしまうことなどを始めから気にせず気が楽だという人もいます。 また、新築のように打ち合わせなどに何度も時間を取られたりなど、手間や時間を省ける点もメリットです。 逆にデメリットとしては、もうすでに建っている家なので、新築のように完璧に自分の好みの間取りや内装にできないことです。 その他、建築年数が古いものについては見た目には分からない経年劣化が生じている場合があり、実際入居してから修繕費用がかかってしまう場合があります。 リノベーション済などの物件もありますが、それでも稀に目に見えない部分の傷みなどがある場合もあるので、住宅の調査などをする場合は、その費用などがかかる場合もあります。

Copyright ©All rights reserved.中古一戸建てでマイホーム.