中古一戸建ての買い方について

住宅購入は多くの人にとって人生最大の買い物です。 不動産は、一物一価という言葉もあって、住所や番地が近くても駅や商業施設からの距離が違ったり、日照や道路への間口が違うなど、住み心地まで同じものは二つとありません。  家を買うときに、初めに決めておきたいことは、戸建てとマンションのどちらがいいかです。  戸建てとマンションの違いは、建物の形だけでなく暮らし方そのものにあります。戸建ては土地と家を一人で所有しますが、マンションの場合は住戸内は自分のものでも、エントランスや廊下などは全員で共有するため、管理組合で決めた規約を守る共同生活の一面があります。  代表的なところでは、ペットの飼育や楽器の演奏など、近所迷惑への配慮は必要ですが、自分の思い描く生活を送るためには戸建てがおすすめです。  新築か中古かは、建物は将来建て替えることはできても、立地は変えられないので、後悔しないためには立地重視が有効です。  とくに、中古一戸建ての場合、築年数が浅い場合は中古でも保証が受けられることもあるし、築年数が経過しているものでは、現状渡しといって、保証がない代わりに土地の価格だけで取引ができることもあります。  中古一戸建ての購入は、建物の保証の有無と価格のバランスが大切です。

Copyright ©All rights reserved.中古一戸建てでマイホーム.